30年前って、素朴な時代だったなあ

30年前って、素朴な時代だったなあ

760 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 23:30:34.25 ID:dVUg8CZO
学校帰り、お墓を通って帰るのがブームだった。
山を越えて平気で一時間くらい遠回りして帰った。
グミの実をとって食べた。
花の蜜も吸った。甘くて美味しかった。

道端の草花で遊んだ。花を首ちょんぱ!と爪ではじいて飛ばしたり
たんぽぽで水車をつくったり、ぺんぺん草で、でんでん太鼓を作ったり。
丘に生えてるツクシをとって帰ると、母が喜んだが
煮物にするために、ハカマを取る下処理が面倒だった。
縁側に新聞紙をひいて手伝った。

一方、テレビではひょうきん族が始まった。
今まで笑ってたドリフが笑えなくなった。
30年前って、素朴な時代だったなあ。


765 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/05(日) 01:45:05.43 ID:EgfmJd5u
>>760
一方、N県で生まれた俺もほぼ同じような子供時代を過ごしてた。
片道四十五分の通学路は寄り道し放題で、春はツツジ・スミレなどの花の蜜を
吸い、道端に咲き乱れる白ツメクサを編んで冠を作ってた。
クワの実やイタドリ(スカナと言ってた)は定番おやつ。
秋は食べられそうな実を片っ端から食べてたけど、ドングリやクヌギは不味くて
諦めた。野生の栗は御馳走で、生のまま食べてた。

春先は登校下校のついでに摘みごろのフキノトウ、ワラビ、ゼンマイを採るのが
当たり前だった。山べりの道端に普通に生えてたから。
その頃、何故かアリジゴクが大好きで、よくよその家の敷地内に入っては耕運機
置き場などの砂地のある場所で採取してた。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。