風呂場でのちんぐり返しミッション

風呂場でのちんぐり返しミッション

672 名前: 庭師(アラバマ州)[] 投稿日:2010/07/31(土) 16:33:49.22 ID:6si/MNGu
思春期のある日、俺は風呂場でちんぐり返って天に向かって唾を吐き自分のア○ルに入れようとしていた。
しかし何度挑戦しても唾は自分のフトモモや顔にかえってくるだけでミッションの難易度は熾烈をきわめた。
それからまた20分くらい経っただろうか…再度唾を吐いた瞬間…
気付けは俺はガッツポーズを作っていた…完璧な軌道だった……美しい……あたかも虹の掛橋のようなそれを描いた俺の唾は最高到達点を越えゆっくりと降下していく。
そのときである…勝利を確信した俺はこともあろうにそれまで上手く自己を律し程よくリラックスしていたことによりパックリと開いていたア○ルを瞬間的に閉じてしまったのである。
唾は……俺の閉じたア○ルに小さな音を立てて落ちた……
慢心である……慢心が自己を最後まで律することを許さなかったのだ。
俺は30分ぶりにちんぐり返しを解き全身唾にまみれた体をゆっくりと横たえ目を閉じた…
そこに残ったのは絶望、そして虚無感…
自己のア○ルをコントロールすることなど子供にすらできる…気付けば頬を一筋の涙がつたっていた…
俺はもう一度己を奮い立たせ再度ちんぐり返しの体制に…戒めに先程ア○ルに付着した唾を手ですくい口に戻した。
鼻をつくような香りが全身を痺れさせる…その唾をゆっくりと喉の奥へと運ぶ……渇ききっていた体は久しぶりの水分を待ちきれなかったのだろう、全身に力が漲る…
再び俺は唾を天に向かい吐きはじめた…
それから10分ほど後。それは先程の唾をリプレイしたかのような軌道を描く…
目を反らさずその唾の行き先を追う。
唾は音も立てずア○ルに吸い込まれた…体の皮膚以外に落ちたからだろう俺は何も感じ取ることができなかった。
しかしその後ア○ルを閉じた瞬間「ぷぎりゅ…」と音を立て俺のア○ルから泡だった液体がでてきた…
成功である。自己を律することに成功したのである…その瞬間過度の疲労と一種の満足感から俺はちんぐり返しの体制のまま気を失った…


673 名前: 庭師(アラバマ州)[] 投稿日:2010/07/31(土) 16:34:35.40 ID:6si/MNGu
夢を見ていた…まだ見たことのない未来の嫁と食卓を囲んでいる。嫁が抱えてる子供は誰だろう…ハハっ…俺の子か…おいおいそんなにがっつくと喉をつまらせるぞ。
ほら…言わんこっちゃない…この水を飲みなさい。ほら……………………………
その瞬間…ガチャっと風呂場のドアが開いた。その音に目を覚ました俺は全身唾にまみれたちんぐり返しの体制でドアの方向に目をやる…そこには母の姿があった。後で聞いたところ呼んでも返事がなかったので心配になり見に来たらしい…
焦った俺はちんぐり返しを解こうとしたが体が硬直していたため頭の裏に回していた足が取れない…
無言のまま10秒ほど見つめ合っただろうか…
母は崩れ落ちるように泣き出した…
俺はただ虚空を睨み続けていた…

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/179473091

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。