東南アジアに旅行にいった時の話



655 名前:なごみ[sage] 投稿日:2010/11/05(金) 22:14:48 ID:tU3snl330
学生時代、東南アジアに旅行にいった時の話

訪れた先は屋外だけど温泉が湧いていて、水着を着た老若男女が楽しげに寛いでいた
旅行はグループに分かれて行動していて、そのグループの男女比率は9:1
女子は少人数な上に水着になる恥ずかしさで、遊んでる男子を遠巻きに見ているだけだった
それでも実際目にすると入りたくなって、私と友人はどうにか浅い所で遊べやしないかと
周囲をうろついて格闘したけど、やっぱりそういう場所はない
しょんぼりしていると、現地のご老人が足をぐっと踏みつけるような動作をしながら
私達を手招きしているのに気付いた
「??」となってると、足を指さしながら手招きで、どうやらついてこいよ、といっているらしい
「はやく来いよ!」とばかりに招かれるので不安になりながらもついていった
というか立ち止まると「もう何してるの!」とばかりに
手をぶんぶんされるのでついて行かざるをえなかった
どんどん進んでいく彼についていくと、そこには足湯があった
「わーーーー!!(°▽°*)」と興奮しながら私達は足湯につかりまくった
ご老人も嬉しそうににっこにこしていた
お湯のあまりの熱さに「あっちーー!」と叫ぶと、
ご老人にhot=あちいだと間違って覚えられたしまったりもした
でもとにかく嬉しくて楽しくてきゃっきゃしていた
結局、あんまり時間がなくてそこにずっとはいれなかったけど、ご老人にはもちろん、
そこに居合わせた人達にもいっぱい「サンキュー」と「グットバイ」と
日本語でありがとうといいながらお辞儀と手を振りまくって帰った
今でも思い出すと嬉しくなる出来事です
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。